サポート狛江会員の関わる活動

2016年09月06日

  フリースクールコピエでは、2011年6月から、東日本大震災の支援として、
狛江市のイベントの中で、ミニ鯛焼きを作って販売してきました。

  9月25日(日)、狛江市アイトピアセンターでの  [狛江ボランティアの集い] で、
支援ミニ鯛焼きを販売します。

  こしあん、粒あん、チョコレート、チーズ入り、4匹で100円です。
  明け方に、生地を作り、焼き立てを販売します。
  かわいくて、おいしいです。是非のぞいてみてください。

  ※ 写真は、8月14日(日)、エコルマホールの、狛江平和フェスタの時の様子です。 

コピエ鯛焼き
コピエ鯛焼きカゴ
コピエ鯛焼き売り場コピエ鯛焼きのぼり



 

2016年07月29日

 はぴみゅーずでは、8月8日(月)に、第2回目の「オープンデー」を行います。
チラシには、「4才〜小学生」が対象とありますが、
フィギャーノートに興味のある方、音符が読めないけれど、楽器を演奏してみたい方、
中学生〜大人の方も、是非いらしてください。

皆で、演奏する 楽しい時間もあります。

お問い合わせは、info@happymuse.net




オープンデー
 

2016年07月05日

  7月29日(金) 9:30〜12:30  狛江市立緑野小学校


  楽譜は読み慣れていないと、演奏するのが大変です。
  フィギャーノートは、楽譜を色と形の違いで示しているので、
  初めての人でもすぐにわかります。
  もちろん、同じように色や形を活用している先生や、
  市販の補助ツールもいろいろあります。
  けれど、ルールに統一性がないために、
  先生や環境の変化、発展的な学習という面では、
  様々な不都合が生じています。

  この問題は、指導する側の理解と努力がなければ、
  解決できません。

  フィギャーノートは、欧州ですでに高い評価を得ている演奏ツールです。
  この方法を共有できる指導者の輪を広げ、
  だれでも気軽に、自由に、演奏活動を楽しめるようになることが、
  私たちの願いです。
                                     (一般社団法人フィギャーノート普及会HappyMuse)


フィギャーノート指導者講習会



   

2016年03月21日

  2月18日(水) の「いべんと西河原」は、春めいたやわらかな日差しの中、大勢の来場者でとても賑わっていました。サポートセンターりんくでは『大震災後の 東北と ネパールを応援しよう!』の看板を掲げて
デコマグやデコパージュ石鹸などの販売店と、折り紙体験コーナーで参加しました。

  たくさんの方々が立ち寄ってくださり、「かわいい!」「素敵〜」「協力するわ」と、皆で作成した品々をほぼ完売することができました。募金額は今までで最高となり、これから福島のNPO などにに送る予定です。折り紙コーナーでも、お子さんから妙齢の方まで、様々な方々が楽しんでくださいました。

 メンバーもスタッフも貴重な体験となりました。障がいや困難さを抱えるメンバーたちが、地域の中で、自分のやれる役割を見つけることができると、ご本人ご家族も、また周囲の人も、とても前向きな気持ちで生活できます。これからもそんな機会を作っていきたいと思います。

  どうぞ今後とも、応援をよろしくお願いいたします。 〈サポートセンターりんく〉

西河原、りんくの店2月18日
西河原折り紙2月18日りんく


 

2016年03月05日

  2月27日(日)、フィギャーノート研修会に参加しました。フィギャーノートの活用事例紹介の後、参加者の質問、意見を取り入れた改良版の説明と、実習がありました。リコーダー版、模造紙版の実習もしました。
  誰が見てもわかりやすいフィギャーノートの楽譜を作成するために、皆で話し合うことは、とても大切なことだと思いました。今後、月一回のフォローアップをしながら、音楽の教科書の楽譜も、随時フィギャーノートにしていく予定です。(kotetsu)
   
フィギャーノートエーデルワイス