2017年01月27日

昨年12月、狛江中央公民館で行った、ドキュメンタリー映画上映会。

「僕は写真で世界でつながる」のプロデューサー、貞末麻哉子さんが、


30年前に作った不登校を題材にした映画「ゴンドラ」が、リバイバル上映されます。

是非ご覧ください。


都会の無機質の世界に孤立する少女、かがり。

その瞳の奥に覗かれる心の窓は、固く閉ざされていた。

またひとり孤空に漂う<ゴンドラ>に乗り、窓ガラスを拭く青年は、

遥か空から見下ろす都会の風景の上に、幻の海を重ねた。

かがりと青年、窓越しの出会い・・・・死んじゃうと、生きてたことって、どこへいちゃうのかな・・・・

愛する小鳥の死に直面した少女は、青年との心の交流で、命の輝きを取り戻してゆく。

30年の時を超えて蘇る、現代に問いかける魂の旋律。


映画「ゴンドラ」

1月28日より、渋谷ユーロスペース、
2月11日より、ポレポレ東中野にて、リバイバル上映されます。

image







コメントする

名前
 
  絵文字