2015年10月30日

現場の人たちに話していただいたり、シンポジウムや講演会などを通して「顔の見えるネットワークづくり」をめざし、
実績を作ってきました。主な活動は以下の通りです。

 平成17年1月 シンポジウム 「夢をかたちに~狛江らしい特別支援教育をめざして」

 平成19年7月 講演会 「狛江の教育は今」  
                                     
 平成20年7月 リレートークとディスカッションの夕べ「つなぐ・支える in 狛江」

 平成21年度市民協働提案事業として、「狛江市育ちの森マップ」を作成(以後、毎年改訂)

 平成22年6月 映画「アイムヒア」の上映会(東京都自閉症協会第3地区会と共催)

 平成22年11月、一般社団法人となる。狛江市民祭りでは、狛江青年会議所に協力して子育て相談を担当。

 平成23年からは、狛江市との共催の子育て支援事業として「むいからで遊ぼう」を毎年2回開催。
 
           11月には学習会  「就学支援シートこれまでとこれから」

 平成24年2月には講演会とシンポジウム「狛江市の特別支援教育の到達点と課題」

     4月と9月には市民向け講演会「おたがいの”違い”を認めてコミュニケーションを高めるために~家族、
     支援者、地域の人とのつながりの作法」「読み書きの苦手な子どもたち」

 平成25年7月映画会「DXな日々ー美んちゃんに場合」11月講演会「発達が気になる子のいいところ応援計画」

     地域支援事業としてどんな人も自分のペースで学べる「パソコン教室」をこの年から開催(狛江市市域推進事業)

 平成26年12月講演会[風を感じてー自閉症の僕がありのままに生きるために」(障がい者週間行事として市と共催)

 どの事業にもたくさんの市民の方に参加して頂き、顔の見えるネットワークづくりや情報の共有・発信という活動の
 目的を果たすことができつつあると思っています。

コメントする

名前
 
  絵文字