2017年05月08日

日時:5月27日(土) 2:00~

場所:世田谷区成城ホール(小田急線成城学園下車)


重い障がいをもった我が子と地域の中で普通に生きるために、
親の会を立ち上げ、行政を突き動かし、理想の通所施設「でら~と」を立ち上げた、
静岡県富士宮市に住む親の取り組みと、自立への試みを、
5年にわたり記録したドキュメンタリーです。


ソラマが理想とするグループホームの想いも同じです。
「普通に生きる」こと、一人でも多くの方に一緒にご覧いただきたいです。
映画普通に生きるポスター

受付開始 13:45~
14:00~ 司会あいさつ ソラマ、かるがもクリニック宮原先生
14:15~ 上映会
15:38~ 休憩
15:50~ 講演:小沢映子さん
16:50~ 終りの挨拶、事務連絡

小沢映子さんプロフィール
「でらーと」設立代表者
出産時の事故により長女が重度障害者になり、教員生活を断念。
長女の養護学校で親の会「はなみずき」を作り、
それが後で「でらーと」立ち上げの活動につながる。
2003年前任者に請われ、富士宮市市議会議員に。現在4期目に入る。

主催:NPO法人ソラマ 協賛:かるがもクリニック
後援:世田谷区/世田谷区医師会/玉川医師会
日本社会福祉弘済会助成事業

申し込みは下記よりお願いします。
コクチーズ




2017年04月15日

古民家園も、4月になりました。

水遊びも、水が少し温かくなり、気持ちがいいです。

むいから池

ママとお姉ちゃんが、遊んでいる間、私(3か月)は、
おもちゃを見て、楽しんでいます。

むいから赤ちゃん

カーキャリーに、車を載せて、さあ出発!

むいからキャリーカー








2017年04月08日

  4月8日から、シネスイッチ銀座で、
自閉症の少年の成長を追ったドキュメンタリー映画「ぼくと魔法の言葉たち」
が上映されます。

2017年アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画にノミネート
文部科学省の特別選定作品に認定されました。


上映中に席を立っても、声を出してもOKな
「フレンドリー上映」が、火曜日の2回目の上映で実施されます。


2歳の時に、自閉症で言葉を失った少年が、
両親と兄の献身的なサポートのもと、ディズニーアニメーションを通して、
言葉を取り戻し、外の世界を理解していく姿を映し出します。

image